コンテンツ
ヘッダ

mahoroba

since 2004.08.07
いいところも悪いところもかっこいいところも情けないところも。
全部曝け出していきましょう。
サイトは→http://mahoroba.koiwazurai.com/

カレンダー

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文

一定期間更新がないため広告を表示しています

記事続き
タイトル
タイトル
ウィーン旅行記【2】〜乗継編〜
記事本文
無事に出発した後は、とりあえず長時間のフライト。
ヨーロッパに行くのはいいんだけど、やっぱりしんどい。
しかも機内で寝ればいいや〜とか思ってたけど、寝れず。
座りっぱなしだからお尻も痛くなってくるし。
でもなんともできないので、我慢しかない。

セントレア出発後、約12時間半でフランクフルト到着。
ここで重要なことに気づく。
なんと乗り換え時間が1時間くらいしかない。
でも降りたりすることを考えると実質1時間もない。
かなり焦りながら飛行機を降り、足早に入国審査へ。
EU圏は最初に到着した国で入国審査があるのだ。

とりあえず入国審査にたどり着く。
が!混み合ってる・・・・やばい。
しかも並んだ列の前の方でもたつく(たぶん)日本人がいる。
何度も審査官?とやりとりをしている。
何でそんなに時間がかかるんだ?
搭乗時間も過ぎ、どんどんと焦りが色濃くなっていく。
やばいやばいやばい!搭乗ゲートまでどれくらいかかるのかもわからないし。

そうこうしているとEU圏専用の方でも少しだけ受け付けてくれることに。
(団体ツアーの添乗員さんが交渉したものに便乗)
何とか入国審査クリア。そして搭乗ゲートに一直線!
といきたかったのだけれど、ここで手荷物検査が!オーノー!
時計もないし、ドキドキしながらダンナと「今何時だろう・・・」と言っていると
たまたま前に並んでいた日本人のおじさんが時間を教えてくれた。
おじさんもセントレアから来たらしい。

出発までもう15分くらいしかない・・・!
アワアワしていると、おじさんが
チェックインしてるし、荷物だけ先に行っても困るだろうから
たぶん少しくらい遅れても大丈夫じゃないか、と慰めてくれた。

とりあえず何とか手荷物検査にもひっかかることなくクリアし
おじさんにお礼を言って、今度こそ搭乗ゲートまでダッシュ!
スウェットを着替えたかったダンナは着替える時間もなく
フランクフルト空港をスウェット姿で走ることに。
しかも、搭乗ゲートまでが遠い!
くじけそうになりながらも何とかゲートにたどり着いたのは5分前。
航空会社のお姉さんに「グッジョブ!」と褒められた(?)

飛行機に乗り込んでから、しばらくむせっぱなしだった。
ダンナのスウェットは汗でびちょびちょ。
もう絶対こんな無理な乗り継ぎはしない!と誓ったのだった。
(自分で決めたわけじゃないけど、ちゃんと確認しなかった私もいけなかった)
記事続き
前後の記事
<< ウィーン旅行記【1】〜出発編〜 | TOP | ウィーン旅行記【3】〜ホテル到着編〜 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント本文
commentAnchor1415
初めまして♪
小牧に住んでいる ちあきと申します。
実は私も今週の金曜日から「ウィーン」に行きます。
海外旅行は10年ぶりですし、今回は8歳の娘との2人旅ですのでf ^^; ワクワクドキドキしています。
私が手配してもらった時も初めは乗り継ぎ時間が55分しかなかったので(^^;「ムリムリーーー」と思い そのあとの便に変更してもらいました。
ブログを読ませていただいて ハラハラしちゃいましたが、間に合われたようで(^^)、本当によかったですね。
私は英語力ゼロで、ドイツ語も検定4級しか持っていませんが(^^;、なんとか頑張って楽しい旅になればいいな♪と思っています。
続きも楽しみにしています(^^)。
それでは♪
コメントフッター
 | 2010/03/23
コメント本文
commentAnchor1417
ちあきさん、こんにちは!
もう帰国されたのでしょうか?
娘さんとの2人旅、いかがでしたか?
素敵な旅ができたのでしょうか。
よろしければお聞かせくださいね♪

ほんとに乗継に55分はキツイです!
何も考えていなかった私がバカでした(^^;
きっとちあきさんが提示されたのと同じ便でしょうね〜。
もう絶対にあのコースでは行きません!(笑)
ドイツ語、少しでもわかるのとまったくわからないのとでは大違いですよ〜。
私、まったくわかりませんでした・・・
機会があれば勉強してみたい気もします。

続き、がんばって書きたいと思いますので
どうぞお付き合いください(^^)
コメントフッター
Silvia | 2010/04/04
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.